NEWS
  • 掲載
2022.11.25

「テレワーク用勤怠管理ツール導入に注意すぺきポイント」に関する記事の監修を担当しました

GeNEE_勤怠管理システム

弊社が、株式会社ワンズマインド様から依頼を受け、「テレワーク用勤怠管理ツール導入に注意すぺきポイント」に関する記事の監修を担当しました。

監修記事の詳細はこちら

同タイトルに対する弊社の評論は以下の通りとなります。

<弊社評論>

現在、各企業が採用している勤怠管理方法としては、タイムカード管理やMicrosoft社のExcelやAccessによる管理、紙媒体の出勤簿管理、勤怠管理システムがあげられます。

この内、最後の勤怠管理システムに関しては、クラウドサービス型勤怠管理システム、オンプレミスタイプ型勤怠管理システム、タイムレコーダーを用いた勤怠管理システムの3つが存在します。これら勤怠管理システムを導入する際に注意すべき共通点をあげますと、

【1】厚労省が開示しているガイドラインや労働基準法といった法律の内容を確認し、労働時間の制限、割増賃金の算出方法などを適切に設定する

【2】各企業によって独自のシフト制や休日設定等がなされていますので、それらをしっかりと考慮する(設定により、全従業員の労働時間や賃金の計算方法が自動で決定してしまう可能性がありますので、十分な準備と確認、検討を行うべきです。)

【3】各従業員が何度も打刻誤りをしたり、打刻作業自体は怠ってしまうと、いくら使い勝手の良い勤怠管理システムを導入しても適正な処理・計算ができません。なので作業マニュアルの内容確認や啓蒙活動の機会(説明会の実施など)を設けることが重要です。

導入する勤怠管理システムが決まりましたら、最終確認として、一部門(例えば総務部や人事部など)の中でトライアルを行い、使いやすさの確認、問題点の洗い出しを行うと尚良いでしょう。1カ月~3カ月ほどのトライアル期間を経て、実際にシステムを利用した従業員に使い勝手を確認し、特に大きな問題点がないようでしたら全社導入に向けた検討を進めていくのです。

—————————————————————————————————————

システム開発、アプリ開発、新規事業立ち上げ、DX化の推進でお困りではありませんか?

日本全国には開発会社が無数にありますが、Webサービスやアプリサービスのスケール(規模拡大)を実現するビジネス推進力やシステムの堅牢性、可用性を意識した設計力・技術力を合わせ持つ会社は、全国で見ても多くはなく、弊社は数少ないその一つ。お客様のご要望通りに開発することを良しとせず、お客様のビジネス全体にとって最適な解を模索し、ご提案ができるビジネス×テック(技術力)×デザインの三位一体型のシステム開発/アプリ開発会社です。ITやDX全般に関して、何かお困りのことがございましたら下記の「GeNEEへのお問合せ」フォームからお気軽にご連絡いただけたらと思います。

GeNEEの会社概要

GeNEEの特徴

GeNEEの提供サービス一覧

GeNEEの開発実績

GeNEEからお知らせ

GeNEE発信コンテンツ

GeNEEへのお問合せ

GeNEE社に関する資料をダウンロード

—————————————————————————————————————

年次別アーカイブ
  • お知らせ
  • 「テレワーク用勤怠管理ツール導入に注意すぺきポイント」に関する記事の監修を担当しました
↑